島根県で太陽光発電を設置する場合には、複数の業者に見積もりをお願いしましょう

カテゴリー:島根と太陽光発電の関係

島根県においても、太陽光発電システムを設置する住宅が増えてきております。
このように、島根県においても人気がある太陽光発電システムですが、その内容について紹介します。

太陽光発電システムとは、光がシリコン半導体などに当たると電気が起きる原理を利用して、太陽の光エネルギーを直接電気に変換する発電の方法です。

太陽光の発電システムは、規模が大きくなるとそれに応じて発電量が大きくなります。
腕時計や電卓などの小さな規模のものから、事業所や家庭において電力を供給できるものまで 、使い方はいろいろです。
太陽光の発電システムを設置すると、電力会社などで発電する電力の消費を低減することができます。
そのため、電力会社などで使用する石油などの消費量を減らすことができます。
それとともに、地球温暖化の原因でもある二酸化炭素の排出量も削減することができます。
そして、昼間に発電するため、昼間の電力不足を補うのにも役立ちます。
1kWの太陽光の発電システムでは、平均的に年間1,027kWhの電力を供給することができます。
これは原油に換算すると約258リットルにもなりますし、二酸化炭素を約570kg低減する効果があります。
太陽光の発電システムは、複数の業者に見積もりをお願いしましょう。
住宅用太陽光の発電システムを設置するには、既存の電力系統への接続や屋根への設置などの工事を伴います。
このため、家庭によって工事の内容が異なり、平均的な価格を出すことは困難です。
島根県内で住宅用の太陽光の発電システムの補助金交付を行っている補助事例を見てみると、平成19年度の工事費を含む出力1kWあたりの設置費用は、バラツキが見られます。
また、設置費用だけでなく、家庭によって消費電力量も異なります。
そのため、家庭によって最適な設備の規模も違ってきます。
1つの業者からの情報だけで検討するのではなく、複数の業者に見積もりをお願いして、納得のいく価格で設置するようにしましょう。