島根で太陽光発電の設置をすることについて

カテゴリー:島根と太陽光発電の関係

島根県は、日本海側に面しており、夏は、とても暑い日が続くことがあったり、冬になると雪がたくさん降ることもあります。
私自身も山陰地方に住んでいて、その年によって、猛暑と呼ばれるほどの暑い日が続くことがあり、熱中症になりそうになったり、身体が暑さでだるくなることもありました。
また、冬になると、たまに大雪になることもあります。
道路が凍結して、自動車が走りにくくなったり、場所によっては、大雪や強風で電線などにトラブルが起きてしまい、停電してしまうこともありました。
そんな時に、私はよく太陽光発電を設置したいという気持ちが強くなります。
島根でも住宅の屋根に、ソーラーパネルをつけるご家庭が増えてきています。
街を歩いたり、車で移動していると、新しい住宅だけでなく、木造の瓦屋根のお家でもソーラーパネルをつけているご家庭をたくさん見かけます。
一般家庭だけでなく、お店や企業でもソーラーパネルをつけているところが増えてきているので、太陽光発電システムがどんどん普及していることをよく感じるようになりました。
そこで、我が家でも、ソーラーパネルを設置する計画を進めています。
ソーラーパネルの情報収集をするときに、初めは田舎町なので、あまり比較できるお店が少ないのではないかなという考えを持っていましたが、調べてみると島根にも、太陽光発電システムを設置してくれる業者がたくさんあることを知りました。
専門のお店、企業だけでなく、ホームセンターや家電量販店などでも、取り扱ってくれているお店がたくさんあり、各業者の料金の面や無料保証サービスなどのサービス面もしっかりと比較することができました。
さらに、ソーラーパネルを設置しているご家庭が増えてきているので、友人や親せきなど、身近な方々からの意見も聞くことができました。
専門のスタッフの相談だけでなく、実際に島根に住んでいる方の意見も聞くことで、夏や冬の時に、太陽光発電があると、暮らしがどう変化するのかやお財布にどれくらい優しいのかを具体的に知ることができ、私も安心して設置をすることができるようになりました。