導入してよかった

カテゴリー:導入して良かった太陽光発電

我が家は、太陽光発電を導入することになりました。
昨今騒がれている電力不足や省エネに少しでも貢献したかったからです。
未曾有の大震災以来、電気に対する国民の考えが変わったと思います。
いつでも、どこでも簡単に電気を使えるという便利さに胡坐をあいていたのです。
null人がいない部屋でも電気はつけっぱなしにする事や、夏には部屋をキンキンに冷やしていた家庭も多かったことでしょう。
太陽光発電にしてよかったことは、勿論電力を家庭で生み出せることによって電気代が安くなったことです。
しかし、それだけでなく家族の皆が節電に前向きになったことが一番よかった点ではないかと思うのです。
洗面所で、ドライヤーを使い、キッチンではオーブンレンジを使っているときなど子供は、「あっ!今電気を使いすぎている」と言ってドライヤーの使用を中止してくれます。
そして、ドライヤーをかける時間を短縮するようになりました。
夫においては、今まで部屋の電気はつけっぱなしだったのがきちんと退室する際には消灯してくれるようになりました。
私は、なるべくお米は圧力鍋で炊いたり、昔のような家事を心がけています。
電気がない昔は、火をおこしてお米を炊いていたはずですから。
また、夜の時間はなるべく1つの部屋に集まるようにして、電気の照明をつけるのは1つだけという決まりも作りました。
こうすると、家族の団欒もできるのがうれしい誤算でした。
今では、設置補助金が出るところもあるそうですし、是非節電をお考えの方には、太陽光発電をオススメしたいと思います。