太陽電池モジュールの種類と特徴

現在、国内の大きな電機メーカーのほぼすべてが家庭用の太陽光発電システムをつくっています。
太陽光発電システムの導入にあたってどのメーカーの製品を選ぶかはとても難しい問題ですが、それぞれのメーカーがつくっている太陽電池モジュールの特性を知っておくと、選択の際のよい指標になるでしょう。
日本で一番のシェアを占めるシャープや三菱電機、京セラなどの太陽光発電システムに使われているのは「多結晶シリコン」を原料とした太陽電池モジュールです。
多結晶シリコンはシリコンの使用量が比較的少なくて済むために、太陽光パネルを安価に作ることができるというメリットがあります。
以前は単結晶シリコンに比べて性能が劣ると言われていましたが、現在は改良が加えられて、単結晶シリコン製の太陽電池モジュールに追いついてきています。
ただし、現在は多結晶シリコンの原料が不足して製品価格が上昇してきており、価格面での優位性という多結晶シリコンのメリットが薄れつつ有るのが現状です。
一方、「単結晶シリコン」はもっとも古くから使われている太陽電池であり、シャープの製品などで使われています。
性能面では非常に優れているのですが価格が高く、また、最近の多結晶シリコンの品質改良の影響もあって、優位性が薄れてきています。
近年、注目を集めている太陽電池モジュールの原料として「アモルファス・シリコン」があります。
ガラスや金属板にアモルファスを吹きつけて製造するタイプの太陽電池で、製造コストが結晶型シリコンの100分の1程度と非常に安価なのが特徴です。
発電効率はあまり高くありませんが、パナソニック(三洋電機)が結晶型シリコンとアモルファスのハイブリッド方式の太陽電池であるHITという製品を販売しています。
まだ価格は高めですが普及が進めば低価格化も進むものと思われます。
太陽電池にはシリコン系以外に化合物系の原料を使用した製品もあります。
昭和シェル石油グループのソーラーフロンティアやホンダソルテックなどから製品が販売されています。
このタイプの太陽電池はシリコンを使わずに銅・インジウム・ガリウム・セレンなどの化合物を原料としており、それぞれの頭文字を取ってCIGSと呼ばれています。
比較的新しい技術であまり普及は進んでいませんが、研究段階のレベルでありながら変換効率がシリコンをかなり上回っています。
製造コストが安いこともあり、次世代の有力な太陽電池として注目されています。



Parent page: 太陽電池モジュールの種類と特徴