これからは太陽光発電が主流になる

カテゴリー:太陽光発電で安心の生活を

最近テレビやネットの広告、新聞なんかで太陽光発電に関する記事が増えてきたような気がします。
これは過去の東日本大震災による原発事故が大きく影響しているのではないでしょうか。
我々はハイリスク・ハイリターンな原子力発電に頼っていたせいで、あのような惨事を招いてしまったと考えています。
また、震災の際に火力発電をおこなうコンビナートでも大火災が起き甚大な被害を受けました。
どちらも我々が電気を使うのには必要不可欠な発電技術なのですが、また東日本大震災のような大地震が起きたら次はどうなるか検討もつきません。
今度はこれまではとは違うくらい大きな地震がくると予想されていますので、何か対策をする必要があります。
それか原子力発電に変わる新しいエネルギー技術が必要になると言えます。
そんな中で今一番注目を浴びているのが太陽光発電です。
太陽光発電は簡単に言ってしまえば太陽からの光を特殊な太陽光パネルで受けて電気を作る技術です。
エネルギーを作るのに必要なのは石油などの燃料や燃料棒ではなく太陽の光さえあれば発電できるので非常にローコストですし、二酸化炭素や有害なガスを排出することもありませんのでクリーンなエネルギーとも呼ばれています。
クリーンなエネルギー技術は他にも地熱発電や風力発電などがあるのですが、これらはある条件を満たした場所でしか設置することができません。
しかし、太陽光発電では太陽の光が当たるところでしたら、どこでも設置する事ができます。
なので自分の家の屋根に取り付けることも可能になります。
さらにこの太陽光発電ですが、自宅に設置するためそこで作った電気は自分で使う事ができます。
つまりは電気を自給自足するわけです。
なので実質電気代はかかりません。
しかも、作りすぎた電気は電力会社に売る事もできます。
要は太陽の光がでているあいだは勝手に電気を作ってお金に変えてくれます。
まさに打ち出の小槌のような感覚です。
みなさんも太陽光発電について少し考えてみてはどうでしょうか?